助産師がつたえる命の話

先月買った「CREA」の雑誌の占いを
たまたま目にしたのが先月後半。
仕事運には強力運
とあった。

そして、
新月9月8日前後にあなたが憧れる分野の実力者と知り合うチャンスあり
とあった。
事実9月14日助産院の院長から行くよう勧められた研修で
同じ助産院でパートをしている方が
命の授業をしていることを知り
ぜひ、自分も行きたいとお願いして
今日
厚木の小学校に行くことができました。





5~6年生を対象にした
2年おきに開催しているということで
1時間の授業を参加してきました。

とってもためになりました。


私は
正太が千葉にいた時
引っ越す最後のお仕事で
ゲストティーチャーで正太の小学校で
声をかけてもらい
お話することができた時
「私、こういうお仕事好きかも」と思ったのでした。
だから
いつか
そういうお仕事ができたらいいな~~~と
思っていたのですが

自分と同じ職場に
しかも、
とっても説得力もあり素敵な方です

ご自分でも開業されていますが
お産は取り扱っていないので
現場を知らないでは説得力がないと
月に数回ですが同じ助産院で
働いています。

本当に彼女といっしょだと
すごく勉強になります。

命の大切さを
子供たちに知ってもらう。


命の大切さ…
子供たちにどう伝わったのだろうか?

私は
いつもながら
感動しました。

写真は
生まれたばかりの赤ちゃんの手のひらより小さい
見えにくいかな…(^^ゞ
d0064820_20405154.jpg

お腹の中にいる8週目くらいの赤ちゃんから・・・
みんながどんなにすごい力を持って生まれてきたのか…
d0064820_20412527.jpg

このお人形を使ってレクチャー

そこに
中学の先生が
いて
中学生でもこういう授業はできますか?
なんて・・・
中学生には
今度は産む、育てる話を踏まえて説明するんだそうです。

とっても
勉強になりました

今日は
お休みの日でしたが
ためになった休日でした

感謝感謝

先日
みつけたこんな命の授業。


泣きました。
大粒の涙が止まりませんでした。
もっと自分も頑張ろう。
笑顔!感謝!大切に生きて行こうと思いました。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2010-10-19 20:43 | 忘れてはいけないこと