衝撃的な一枚の写真

昨日、

新聞を見ていた。

ジョー・オダネル氏10日脳卒中にて死去と書かれた記事の横に
この写真があった。

d0064820_14322222.jpg




この写真・・・・・・・
涙が出てしまいました。


焼き場に立つ少年

1945年9月―佐世保から長崎に入った私は
小高い丘の上から下を眺めていました。
10歳くらいの少年が歩いて来るのが目に留まりました。
おんぶひもをたすきにかけて、幼子を背中にしょっています。
重大な目的を持ってこの焼き場にやってきたという強い意志が感じられます。
しかも足は裸足です。少年は焼き場のふちに、
5分か10分も立っていたでしょうか。
白いマスクの男たちがおもむろに近づき、
ゆっくりとおんぶ紐を解き始めました。
この時私は、背中の幼子がすでに死んでいるのに
初めて気づいたのです。
(中略)
まず幼い肉体が火に溶けるジューという音がしました。
それからまばゆいほどの炎がさっと舞い立ちました。
真っ赤な夕日のような炎は、
直立不動の少年のまだあどけない頬を赤く照らしました。
その時です、炎を食い入るように見つめる少年の唇に
血がにじんでいるのに気がついたのは。
少年があまりきつく唇を噛みしめているため、
唇の血は流れることもなく、ただ少年の下唇に赤くにじんでいました。
夕日のような炎が静まると、少年はくるりときびすを返し、
沈黙のまま焼き場を去っていきました。

Joseph R O'Donnell(インタビュー・文 上田勢子)
「写真が語る20世紀 目撃者」(1999年・朝日新聞社)より抜粋



たまたま、


千の風スペシャル

はだしのゲンをみたので・・・・・
後編は録画のミスにて最後の30分が見られなくて・・・・
心残りでしたが・・・・


広島の原爆の話で
正太は相変わらず真剣に見入って・・・・・・涙を見せていました。


正太にとって戦争は・・・・・
私にとって戦争は・・・・・・・・

想像できないくらいTVでは伝わらないほどもっともっと悲惨な出来事なのでしょうが・・・・

はだしのゲンを見ただけでも、
本当に昔の戦争は恐ろしいものだと。



そんなTVを見てから

この一枚の写真を見て・・・・・・・・


この写真のことを知って涙が止まりませんでした。


10歳の子供、死んでしまった子供はきっと純くらいなのではないか?


この写真が家の兄弟に当てはめてしまったら・・・・・
悲しくて悲しくて仕方がなくなってしまいました。



10歳くらいの男の子はじっと自分の弟の死を最後まで見送ったと
調べると記載され・・・・・・・・

何を考えながらじっと見つめていたのか?
その後はどのように・・・・・・・・・

なくなってしまった・・・両親の分も、この弟の分も・・・・・
しっかり生きようとでも思っているのだろうか?
弟をどんな思いで世話をしていたのだろうと・・・・・
思うと・・・・・・・・・切なくてたまりません。


・・・・・・・・・考えたらまた涙が止まりません。



戦後60年少々しかたってないのにわが日本はすごくすみやすくよりよい国になり・・・・・・・・
でも、さまざまな問題があり・・・・・・・・・・



今はどれだけ幸せな世の中なのかと考えるとありがたいな・・・・と。



戦争!
二度と起こしてはいけない!
そう思ってならない思いです。



この写真・・・・・・・・


本当に衝撃的な写真でした。

この写真を調べていたら
こんな方のブログを見つけました。
http://bellbig.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/index.html
[PR]
by 2006-r-n-b | 2007-08-13 14:53 | 忘れてはいけないこと