カテゴリ:魚( 16 )

ついに!

ハナゴイがいない!

ダイブロックの下にもしかして・・・・・。
死んでいるのか?

ヤドカリが一生懸命食べている・・・・・。

かわいそうだけど、そこには手を入れられない。
何だか・・・・・。

自然の法則。
食物連鎖・・・・・。

仕方ないような・・・・。

ついにカクレクマノミとホンソメワケベラのみの2匹しか魚は残っていないのである。

ハナゴイは群れをつくって生きているといいますから寂しくて死んでしまったの?
それとも弱ってしまったの?

カクレクマノミとホンソメワケベラはかなり元気に過ごしている。

コケを食べてくれるという貝たちを入れたおかげで水槽の中のコケが
きれいになっていっている。

水槽の中がクリアーになったぶん、何だか寂しい。

水質は悪くないよう・・・・ですが・・・・あのフグの攻撃以来
何だか魚を増やすことが怖くなってしまった。

また、ららぽーとのお兄さんに相談しながら
魚たちを増やしていきたいけど・・・・。

寂しい水槽。

あ~、沖縄のトロピカルのイメージは程遠い・・・・・。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2006-07-13 10:03 |

絶滅の危機!!

昨日慌てて、海水を作り、バクテリアなども入れフグ専用に
水質をつくり数時間後にフグのなれた時間を待ち水槽に入れた。

朝、ほかに死んでしまった魚はいないか見ると・・・・。

何だか寂しい水槽に。

デバスズメダイ。息子がミミとなずけてこれも比較的最初の頃から飼っていた
魚まで死んでしまった。


そして、フグにも餌を!
????

何か様子がおかしい。
生きているかと思うが、ヒレが全く動いていない。

あれ???


死んでしまっていた。


もう、水槽の中に少ない魚たち。

昨日、祈ったルリスズメは少し元気になったようだ。

カクレクマノミ、ルリスズメダイ、ハナゴイのみか?

後は貝類は元気にしている。


賑やかになったつもりの水槽が絶滅の危機にさらされている。

お願いだから、もう死なないで・・・・・。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2006-06-18 14:40 |

ハコフグの攻撃か!?

先日、ハコフグとホンソメワケベラをジョイフルホンダで購入し、
水槽の中が少し賑やかになった。

県民の日に久しぶりにららぽーとに行き水槽を購入したお店に1年ぶりくらいに行った。
担当してくださった方もいたのですが、
違うお兄さんがいろいろ説明してくれ、
ハナゴイとハタタテダイを購入してきた。

しかし、お兄さんが「ハコフグがちょっと心配ですね・・・・。」と。
何でも、フグには手を出さない方がいいことは魚の中でも知られていることだとは思うけど、
フグに攻撃されると猛毒を出し、魚が死んでしまうのだとか。

安易な気持ちでジョイフルで説明も聞かず購入した魚。

フグを違う水槽に移さないといけないと考えていましたが。
2日間くらい仲良く暮らしていたように感じ大丈夫と思っていました。

しかし、本日以前から息子と私の大好きな大切に育てていたルリスズメダイが死んでしまった。
沖縄から持ってきたルリも弱っているようだ。
そして、アケボノハゼに、ハナゴイ、ハタタテまでが死んでしまったのだ。

これはフグの攻撃か!!!

慌てて、金魚の水槽をハコフグ専用にして、
金魚君にはしばらく金魚鉢に移動してもらった。

息子に伝えると。
一瞬動きが止まり。
「ルリは!!」と。

息子と夕方魚たちのお墓を作った。
あんなに大事に育てたルリスズメ。

沖縄から来たときはまだ赤ちゃんだったのに・・・・・。大きく成長してくれていた
ルリが死んだ。

もちろん他の魚の死も悲しいけれど。

まず、はじめて水槽を立ち上げた時。
テストフィッシュとしてルリスズメを3尾購入してきた。

しかし、そのうちの1つしか残らなかった。
その子には息子がルリとなずけ・・・・・。

すごく気が強くて新しく入ってきた魚たちに意地悪をするかなりの気の強さ。
そんなルリもあの水槽の主として水槽の中を管理していてくれたようにも見えた。

そのルリが・・・・・。

悲しかった。
悔しかった。

すごく、後悔したが・・・・・もう遅い。



主人も、海には程遠い人ですが、
私の魚には付き合ってくれているようで・・・・。

もう、魚はジョイフル禁止!!

きちんと、アドバイスを受けてららぽーとのみ限定で購入と決まりができた。

県民の日に久しぶりに家族で夜中水槽の中の魚たちを見て・・・・・。
喜んでいたのに・・・・。

賑やかになってきたね。この水槽!!
と話していたのもつかの間!!


悲しすぎる結末に。


そして、沖縄からのルリが1つ残っているがかなり弱っている。
「がんばれ!!がんばれ!!」復活してくれることを祈るばかりです。

水質は何の問題もなく、塩分濃度も問題ない。
やっぱり原因はフグなのか!?

「ふぐのばか~~~~~~~。!」
かわいいな~。おもしろいな~。と思っていたのに。


しばらく、魚君を購入することはないだろう。

ちょっと心に傷が深くできてしまった。

ちょうど一年前!6月21日くらいだったかな?沖縄に行って・・・・・。


本当なら1年も良く生きたね・・・といいたかったのに。

死んでしまった魚君たち!

本当にごめんなさいね。

許してね。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2006-06-17 20:56 |

久しぶりのお魚君!!

近所のお魚屋さんが改装する予定も・・・・
もう何ヶ月でしょうか?
OPENせず・・・・・。

海水の水槽に入れるバクテリアや餌が終わってしまいそうなので
印西のジョイフル本田に行って買ってきました。

息子が久しぶりに水槽に仲間を増やそうと

ハコフグ君とホンソメワケベラ君を購入し家の水槽に仲間が増えました。

写真を!!と思いましたが・・・・小さすぎてピンボケして
撮れないのですが
d0064820_18274037.jpg

d0064820_18275244.jpg


フグ君はちょっと違いますがこんな感じのフグ君です。

息子が買ってきてすぐに水に慣らすために
ビニールのまま水槽に浮かべしばらく観察。

数時間後に袋から開放するといって張り切っていました。

そして、時間がたったので呼びに行くと・・・・・・。

あれ????

静かで気配がない・・・・・・。


布団の中にもぐって眠っていました。


疲れてしまったのかな?


先週は体調不良があったり、週末いとこのこと遊びに出かけたり・・・・。
久しぶりに家族でお出かけをしたので疲れてしまったのでしょう!!


ゆっくりこのまま朝を迎えてしまうのか?
それとも夜中に起きるのか?

というわけで、私が1人で魚君たちを水槽に・・・・。

起きた時には水槽に泳いでいる魚を見ることができるでしょう!!

そして、この仲間たちも長生きしてくれることを祈るばかりです。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2006-06-11 18:28 |

金魚

先日、息子があるペットショップで
金魚を買ってきたのですが・・

一匹はすぐに死んでしまい・・・・2匹目は数日前に死んでしまった。

最初は、昨年息子がお祭りで金魚すくいをして持ってきた金魚の方が
いじめられて皮膚がぼろぼろになっていたので
死んでしまう???

と思っていたが、
結局新しく買ってきた金魚たちが全滅してしまった。

お祭りですくう金魚がこんなにも長生きをするとは思ってもみませんでした。

すぐ死んでしまうものと思っていましたが・・・・

8月まで生き延びれば1年です。

すごいかもしれない・・・・・。

がんばれ!!
金魚君!!

息子も頑張ってお世話しているおかげなのかもしれませんね。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2006-06-01 16:56 |

久しぶりの葛西4

d0064820_15555771.jpg

ブルームテール ラス
ベラ科
具合悪い?正太が頑張れ~ってお願いしたら動いた~!て。

 しばらく岩に横たわっていて・・・。
 心配そうに見ていました。
 お店(水族館の人)の人を呼んできたほうがいいかな・・・・。
 じーっと見つめ、「行こう!」といっても離れません。

 しばらくいるとようやく動き出し、「お願いしたから動いたー!」と
 喜んでいました。

 しかし、おなかに大きな傷がありました。

 少し弱っているのは確かかもしれません。

 心配を胸に息子はようやく歩き始めました。

 ちょっと、そんなやさしさに息子にほれてしまった・・・・・。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2005-11-17 15:55 |

ドリーの死

昨日、ドリー(ナンヨウハギ)が死んでいた。

3~4日前から姿がないなーと。

石の間に入っていたり隠れているのかな・・・・?
と思っていたが。

なかなか見当たらない。

石をどけて探してみた。

姿がない。

石の間に何か変なものが。
魚の尾と骨!

ドリーの死骸だ。

水槽にいた魚?ヤドカリ?が食べたのであろう。

かなりショックだった。

そして、以前になくなったニモも、きっと同じように食べられてしまったのだろう。

生き物には命があるのだから仕方がないことですが、
まだ早すぎる。

水槽の水の状態が悪くなっているのだろうか?
そうでもなさそうである・・・・・。

海の中でも死んでしまった魚はほかの魚などの餌になっているのだろう。

海の中でも食物連鎖がしっかりある。
仕方ないことですが、悲しいですね。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2005-11-16 20:12 |

カクレクマノミ

今朝、寝坊をした。

といっても、仕事はお休みでインファントマッサージだけだったので
寝坊をしてもよかったのですが・・・・・・。

息子の保育園に遅刻!

30分遅刻してしまった。


で、朝食を食べながら教育テレビを見ていた。

沖縄の海の話でカクレクマノミのお話をしていた。

カクレクマノミはとっても怖がりで・・・・・。
イソギンチャクと一緒に生活をしているんです。

クマノミ以外の魚はイソギンチャクに触れると毒があるとかいわれていますよね。
クマノミには毒が回らない膜があるとか。

で、テレビの話ですが
イソギンチャクの下をクマノミの夫婦がお掃除をしていました。
何で掃除をするかというと
メスが卵を産むためだったのです。

卵を1~2時間くらいかけて6000個くらい産むとか。

卵を産んでからはお父さんクマノミが見張りをします。
そしてお母さんクマノミは卵を狙ってくる魚たちを追い払う。
怖がりなクマノミも卵を守るために必死なのでした。

そして、卵がかえる。
ちょっとテレビで聞き逃してしまったのですが
赤ちゃんクマノミはイソギンチャクには近づけない?
生き残るためには自分で身を守らなくてはいけないという試練があるんだ・・・・・。
だから6000個もの卵を産まないと生き残れないのか・・・・。
納得。


クマノミのこのテレビを見て
夫立合い分娩に似ているなーって思った。
ただ立合う出産なら誰でもできることだけれど、
腰をさすったり、励ましたり・・・・・。
夫婦で協力し合うこと。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2005-09-21 17:52 |

釣り

d0064820_15395262.jpg

釣り堀にきました。
1匹釣るまで45分もかかってしまった。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2005-09-04 15:39 |

昨日の夜。

夜の魚を見るのもまた違った感じが面白い。

そうしたら、久しぶりにエビ君登場。
何日ぶりに見たんだろう。

それに、昼間には見られない、海草のようなものが顔を出している。

夜の水槽も面白いものです。

決まって、クマノミはいつも水槽の角にいる。

夜行性の生物がいたらもっと面白いのかもしれないですね。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2005-08-20 23:42 |