カテゴリ:病院( 49 )

ちょっといいこと!

先日・・・・・

船場吉兆の話をして・・・・・・・


偶然だと思うのですが・・・・


この話を書いた翌日かな?


以前の従業員からメールが届いた。


「〇〇さんに久しぶりに会いました。
〇〇さんは今△△病院で働いているそうです。
rieさんのクリニックで働いていたことがどれだけよかったかって思います・・・・と
言ってましたよ!私も同感です・・・・・。」


そんなことをメールで・・・・わざわざ教えてくれたのでした。


なんだか

ちょっと嬉しくて・・・・・・・・・・


思わず書いてしまいました。



どこでもね、
仕方がないのでしょうね。



うちのパパも約一名変な人がいると言っていました。

大人なのに子供みたいなことをいう人がいると・・・・・(笑)


相変わらず、

パパなので・・・・・


気にしないようにしているから
大丈夫みたいですが・・・・・



面白いですよ・・・・・



何でも、
勤務初日に・・・・

いろいろな先生の悪口を言われたと。(笑)
(この先生をB先生とします)


で、


ある先生(A先生)に
「今日、母体搬送お願いできますか?」と言われ・・・・

「大丈夫ですよと。」パパ。

そのあと
B先生に
「午後帝王切開お願いできますか?」と言われて、

「実は、A先生に母体搬送お願いされているので時間がずれれば大丈夫なのですが
 どうしましょう?」みたいなことを伝えたそうです。


どうやらA先生はB先生が嫌いなようで・・・・・

「B先生の言うことはとは聞かなくていいんです!」

そこでパパは??????

「B先生に先生のほうから時間をずらしてもらえるように言っていただけますか?」とパパ


するとA先生は
「僕はB先生とは話をしませんから・・・・・・・・」みたいな・・・・・


おおおおおおおおい!

仕事ですよ!

子供みたいなことを言ってはいけませんよ!

と思いつつ、

パパは

B先生にA先生に言われた通り伝え・・・・・
B先生はまともの人であったようでよかったですが・・・・・


どこでも嫌なことはあるのですよね・・・・・



そして、
私はお気楽主婦になって申し訳ない思いも少々ある。



でも、
パパは!


今まで大変な思いしてきたんだからご褒美と思って・・・・・
私には子育てという立派な仕事をしてもらわないとね!


と、
言われ・・・・


ホッとしています。



いやなこともあるけど
いいこともあるのですよね。


それが人生!


それがあってこそ楽しいのですよね。



みんなそれぞれの人生!


頑張りましょうね。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2008-06-03 09:58 | 病院

最後!

早いもので
引っ越しをして1カ月以上たち、

随分落ち着いてきました。

しかし、
パパのお部屋だけは未だボールの山。

棚が完成しないので整理ができないのである。

リビングはこれはこれでいいのでしょうが・・・・・
ソファーがないので・・・・・・・・
まだきません。


さて、
引っ越しの当日は、

本当にバタバタでした。

でも、引っ越し屋さんのプロ!さすがでした。

2時間もかからずに…荷物運び完了。

予想より速くて・・・・・
あわててしまいました。


家族がもう車に乗り込み………

こことはもう最後!


急に複雑な気持ちになりました。

今までは荷物のことで頭がいっぱい。
すべて積み込んで安心!
つかのまでした。


私は
「やっぱり、もう一度トイレ行ってくる!」と一人で入って行った。

広かった~

心残りは、
5年半、使った最後をお掃除できなかったこと。

誰に言っても、掃除なんかいいよ!

でも、思い入れがあって………心残りなのである。


仕方がないので・・・・・・・

前部屋周り・・・・・・・・

私たちが生活していた部屋を最後に回った。


すると・・・・・・・・・・・


大きなクモが!

『もう、この部屋の主が変わったんだ!』と思った。

このクモがバトンを受け取ってくれたような気がした。


そして、
ロビーで

「ありがとうございました。お世話になりました!」と
頭を下げ、
自分なりに終わりを告げた。

頭の中は
走馬灯のように!
オープンから・・・・・・・・・・いままで。

やっぱり涙が。


でも、涙をぐっとこらえて・・・・・・・


オートロックのカギが閉まった。

もう二度とここに入ることはない!


悲しい別れであった。


でも、
新たな道を進むと、
家族で決めたこと!


新しいことに希望を!



そんな思いから・・・・・・・・・・・
もう1カ月が過ぎてしまったのだ………

早いものです。


でも、
私たちがあそこからいなくなっても、

何も変わってはいない景色なのだろう。
朝日が最高にいい景色なんですよね。あそこは・・・・・・・・
[PR]
by 2006-r-n-b | 2008-05-10 06:49 | 病院

久しぶりに仕事!?

や~、
何年ぶりだろうか・・・・・・・・・

インファントマッサージ(赤ちゃんマッサージ)を教えたのは・・・・・・・・・

昨日・・・・・・

本当に久しぶりに教えました。

お友だちママに特別講義!なんて・・・・・・・・・・


確かに、
今後はこの活動をやってもいいな・・・・・・・・・・


基本は親のおしゃべりの方が多かったのですが
久しぶりすぎて・・・・・・・・

ど忘れか?


でも、マッサージ教室も他の仕事で呼ばれることもなく
落ち着いて教えられるのはいいものだな・・・・・・・・・・・・
と、
思いました。



そして、
今日は
命の授業!


ついに、
本番。


昨日、マッサージ教室で赤ちゃんを使うことに気付き慌てて
小学校にとりに行き、

本日また赤ちゃんを連れて(人形)学校へ!



前回の内容とは
かなり変え、
先生の求めている内容になったのかは定かではない。

私が最初はなしたかったこととはかなりかけ離れてしまった。

私は命の誕生奇跡についてをはなしたかったけど・・・・・・・・・・
これはこれで
楽しかったかな・・・・・・・・・


死!
という言葉は
子供に恐怖を与えるので使わない。
子供にわかりやすいよう難しい言葉は使わない。


結構難しいのである。


先生の話してほしいことを
なんとなく5分でまとめるのは困難で、
もっと、もっとお話したいことはたくさんあるので
近いうちから
別の助産院の方で・・・・・・・・作っていこうと思いますので
また見てくださいね。
*いつになるかちょっと不明!
  なぜなら、2月からは純は保育園を退園するのでPCにむかう時間は・・・・・・・・
  少なくなるだろう。


さて、

私の今日のお話内容を覗きたい人はこちら!
[PR]
by 2006-r-n-b | 2008-01-30 16:13 | 病院

ありがとう

みなさん!

本当にありがとうございました。

短い間でしたが

私はここで働けたことは私の財産です。

そして、何よりもお友だちのように私のことを支えてくださったたくさんの患者様方と
出会うことができたこと

本当に、
ありがたく、

そして、この出会いも私の財産です。

本当に
ありがとうございました。


25日は
ママサークルの会長さんから、
ちょっと、行ってもいいですか?

なんていうものですから・・・・・・・

会長さんが来るだけ・・・・・・・
なんて思っていたら・・・・・・・・・・


理事長を家に送って私は雑用が残っていましたから・・・・・・・
再度、
戻ってまいりました。


そして、
病院に帰ると、

患者さんはもう帰ってはずなのに人の気配と
車が増えてる???


どんどん人が入ってくるから・・・・・・・・・・


どうしたの!?



みんなが、

私に「お疲れ様でした!」って言うために集まってくださったんです。
d0064820_156142.jpg


こんなに素敵なお花を頂きました。

本当にありがとうございました。


予定では
ここで私が感動して泣くはずだったようですが・・・・・・・・・



私は笑顔で終わると心に決めていました。


ごめんなさい。


期待を裏切って。


でも、
お子様と向き合って、お話をしたら、
お子様が「・・・・・ありがとう!」みたいな言葉を発したと言うか?
お子様の表情が何か私に訴えているものが伝わってしまった時、
ちょっと涙が・・・・・・・・


でも、絶対になかない!

笑顔だ!


笑顔で・・・・・・・・・・・



精一杯頑張りました。


みんなが会いに来てくれて本当にありがたかったです。
その日はこれなかった方もいたみたいですが・・・・・・・・・・
本当に、
本当にありがとう!


なんて表現していいのか・・・・・・・・

わからず・・・・・・・・・
気持ちが伝わったのか心配です。


本当に感謝の気持ちでいっぱいです。





そして、

皆様に閉院すると決めて
2ヶ月で終わりました。


早いものでした。


電話で驚かれていた方々、
ホームページで驚かれていた方々
来院されて驚かれた方々・・・・・・・


本当に驚かせてごめんなさい。


その間に、
私はすごく、落ち込んだこともありました。


ここでやってきた仕事は大好きでした。
でも、ここではスタッフが少なくて、何もかも、自分に負担がかかってしまう
そのことから開放されると思える一方、
なんとなく・・・・・・

落ち込んでみて、
自分はこんなに頑張ってきたのに、なぜ?

自己嫌悪に陥りました。


しかし、

私のことを心配して、応援してくださった、
たくさんの人がいたことに気づきました。


このブログに書き込んでくれた人、
個人的に電話をしてきてくれた人、
メールをくれた人、
お手紙を下さった人、
直接会いに来てくださった人。

こんなにたくさんの方が私のために?????

本当に、嬉しかったです。

みなさん、本当にありがとうございました。



人って温かいな・・・・と思いました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


お花もいくつか頂いたり・・・・・・・・
素敵なお花!

ありがとうございました。


d0064820_156111.jpg

d0064820_156113.jpg

d0064820_156133.jpg



この2ヶ月間
本当にあっという間で、


時には
買い物なんかに出かけると
笑いながら
楽しそうにしている親子、友達同士なんか見ては・・・・・・・・

(患者さんや従業員の心配をしたり気になることも多くて・・・・・・・・・・)

私も、
あんなふうに思いっきり笑いたいな・・・・・・
なんて、
すごく思ったり、



すごく、一時期辛かった。


でも、
患者様方にはご迷惑をかけてしまいまして
本当に申し訳なく思います。
でも、理解してくださりありがとうございました。

業者の皆様にもたくさんご迷惑をおかけいたしました。
本当に申し訳なく、そしてありがとうございました。

スタッフの皆さんも、ご迷惑をかけてしまいごめんなさい。

ちらほらと新しいところが決まったり・・・・・・

最後に、かわしたスタッフとの会話・・・・・・・
すごく印象的で・・・・・・・

(午前中だけだったりするとなかなか就職口がないんですよね。)


ある
スタッフと最後にしばらく話していて、
そのスタッフから
「私を拾ってくれて、ありがとうございました!」って・・・・・・・・

「そんなことないです、いつも一生懸命してくれて、本当に感謝してるんですよ。
 こちらこそ迷惑かけて・・・・・・・・・・」なんて話していました。

すると、
彼女はここに面接に来る間何度も面接しては条件的に無理だったりと
断られ続けていたみたいでした。
院長に「いつからこられる?」って聞かれた時は嬉しかった・・・・・・・・・

私みたいな条件ではどこも雇ってくれないから・・・・・・・・
こんな私を雇ってくれて・・・・・・・働きやすかったし、本当にありがとうございました!
rieさん、見ていていつも忙しく・・・・○○さんと心配していました。
残念ですけど、ゆっくり休んでください。

なんて、言われ・・・・・・・
思わず涙ぐんでしまいました。
思わず、握手をした手を離したくない!と思ってしまいました。


私は、
いつだっただろうか・・・・・・・・
従業員が入れ替わったりするのは当たり前なのでしょうが
すごく不安になったことがありました。

そんな時、
このスタッフさんたちに話した時、
応援してくださり・・・・・・・・・・・

感謝感謝です。


他のスタッフからも、
逆に応援されて・・・・・・・・
ゆっくりやすんでくださいなんて


なんて、暖かいスタッフに私は恵まれたのだろうと・・・・・・・・・


本当に心が温かくなりました。


一時期、
人間不信になったこともあります。
誰を信じていいのかわからなくなったり・・・・・・・・
でも、そんなの吹っ飛んでしまった気もします。


本当に心が温かくなりました。


スタッフが少なくて少なくて・・・・・・・
苦労はしたけれど、
こんなにいいスタッフに恵まれたことも私は財産です。


本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


人っていいな・・・・・・・
暖かいな・・・・・・


この2ヶ月間の間でも、
学ぶことがあり、

何もかも学びだと・・・・・・・


心から思いました。


本当に本当にみなさん!
ありがとうございました。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2008-01-28 15:06 | 病院

お産がこれで終了です。

残りは1ヶ月健診のみを残すだけとなってしまいました。



・・・・・・・・・・・・・・


実は、
昨日、最後の出産の予定でした。

最後の出産、自分がとりあげようと・・・・・
そして、最後までの指導・退院までやりたかった。


しかし、
スタッフがいません。

もちろん手伝ってくださるスタッフはいます。

でも、緊急帝王切開はスタッフのいない我が医院では何かの時に
対応が遅れてしまいます。


ですので、
早めにめどをつけ
緊急帝王切開が可能な病院に搬送する結果となりました。


自分自身
この症例が最後だと決めていたものでしたから・・・・・・・・

心が・・・・・・・・・

これが最後だよ!

と叫んでいましたから・・・・・・・・・


最後の出産を自分の手でできなかったことからか・・・・・・・・・・・


心が開いたまま
閉まらなくなってしまいました。


困りました。


どうしたら、この心を・・・・・・・・


おさめられるだろう!




仕方なく、
その前の方の出産が最後だったと振り返りましたが・・・・・・・


経産婦さんで
とても安産な方でした。

分娩台にあがるとすぐに破水をして
あっという間に生まれる体勢になってしまったのです。

院長に電話して・・・・・
分娩室に入るなり「院長!手袋かけてください!」

と・・・・・・・・・


私は清潔野を整え、
院長にとりあげてもらったのでした。


ですから・・・・・・・・・・


安産の介助をしたとはいえ


事実上私がとりあげていないのです。


そして、もう一例前にさかのぼれば、
私が
確実に取り上げた患者様でしたが・・・・・・・・・・・


残り二人いましたから・・・・・・・・・まさかこの方が最後とは予測せず、
いたって普通に。
・・・・・・・・・あの時しっていたら・・・・・・・・・
だからと言って介助の仕方が変わったわけではありませんが・・・・・・・・

これが最後と決まっての出産だったとしたら?
何かが違ったかもしれません。


もしかしたら涙が・・・・・・・・・・・



神様が泣いちゃダメだよと!
言って、


私に最後の介助をさせなかったのだろうか?


そう、思うしかありません。




でも、その患者様は
赤ちゃんの遷延性高血圧症?
とかで・・・
とっても元気で飲みも良かったのですが気になる状態だったので
子供病院に搬送したりと・・・・・・・・

そこでもバタバタしていました。
救急車に乗るのはこれが最後か?と思いきや・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最後の最後まで・・・・・・



産婦人科の現実を!

教えられたような気がしました。


産科はね!こうなのだよ!


そう、何が急に起こるかわからない。

・・・・・・・・・・・



私のこの心・・・・・・・・・



私は分娩台帳を見ました。
約1000例の患者様

うち、
自分が取り上げた患者さまは449件。
帝王切開のbabyキャッチも含めたら・・・・・・・・・
600件弱。



あらためて
この新しく誕生したいのち!

いつまでも輝いていてほしい・・・・・・・・・・

そして、元気に成長してくださいね。


なんとも、自分自身の心にきちんとした終止符を打てなかったことが
心残りですが


産科の宿命!



残りの2回の一ヶ月健診!


そこで
お母様方とコミュニケーションをとって全て終了です。



また、
最後の思いを
ブログに残しておこうと思います。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2008-01-09 14:35 | 病院

・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・





この空白はいったいなんだろう。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2008-01-09 13:45 | 病院

これが最後!?

今日、おそらくこれが最後だろうと・・・・・

患者様の家庭訪問に行って来ました。


ちょっと患者様が院内に残っていたので・・・・・・
あわただしく出かけあわただしく帰ってきてしまいましたが・・・・・・・・・


家庭訪問。


きっと。

これが最後であろう。

なぜならもう依頼が入っていないからだ。


1000例くらいの出産に対し約100数件の家庭訪問を
この5年間やってきました。


家庭訪問にも思い出がいっぱい詰まっています。


道に迷ってなかなかたどりつけなかったり・・・・・・・
行こうと決めた日にお産がたて込んで日にちをずらしてもらったり、
夜勤明け日勤今のうち!と思いながら出かけたり・・・・・・・・
妊娠中はお願いして依頼のある方にお断りをさせていただいたこともありました。


でも、
どれをとっても楽しかった思い出でした。


「あ~、いかなくちゃ!」と
正直
忙しかった時は思ったりもしましたが

お家にお邪魔してお母さんと赤ちゃんの元気な姿を見ると・・・・・・・
病院とは違う
表情を見せてくれたり、
赤ちゃんの不安なんかもリラックスするせいか、訴えてきてくれたり、

1時間以上お邪魔させてもらってしまったお家もあったように思います。


一日で5件回った日が・・・・・・・
私の休日が家庭訪問で丸つぶれしてしまって・・・・・・・
最後の一軒!
と思ったら体重計を前の人のうちに忘れて・・・・・・・
とりにもどって・・・・・・・・・
最後の人は夕方5時近くで・・・・・・・


でも、
遅くなっても温かく迎えてくれたり・・・・・・・


赤ちゃんの体重が増えてよかった・・・・・・・・


赤ちゃんの体重が生まれた時より減っている・・・・・・


心配な方はまた病院に来てもらったり・・・・・・


異常も早期発見したりすることもまれにありました。



病院にばかりこもっている私にとっては、

家庭訪問はある意味息抜きの場でもあったように感じます。

そして、
楽しかった。


1割くらいの方しか依頼はなくても・・・・・・
100件以上!

本当に
家庭訪問のファイルを見ると
懐かしく思い出されます。


この先は

もう、

この仕事はありません。


何だか心に小さな穴が開いたような気がしました。

いつか・・・・・・
産後のお母さんのためのサロンでも開けたらいいかも・・・・・・・・・

という、

夢をもっていこうかしら・・・・・・・・・・・
[PR]
by 2006-r-n-b | 2008-01-07 13:16 | 病院

苦しい決断 つづき

第1章

つづき
[PR]
by 2006-r-n-b | 2007-12-07 10:10 | 病院

苦しい決断

平成19年12月をもちまして、
分娩の取扱を中止いたすこととなりました。

皆様には、大変ご迷惑をおかけ致しますが、
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


というニュースはもうご存知のことと思います。

ご無沙汰しております。


私の診療所(正確には主人の)を閉院することを決定いたしました。

19年12月いっぱいをもって分娩取り扱い中止を決定しました。


たった5年でと無責任だとか思う方も多いことでしょう。


ここまでの決断は本当に心苦しいものでした。

開業して丸5年!
長かった5年間ともいえるし、たった5年ともとれます。

皆様に支えられここまでやってきた感謝の気持ちは表現できないほどです。
感謝の気持ちがあるのになぜここで決断をしたのか。

つづき
[PR]
by 2006-r-n-b | 2007-12-07 05:00 | 病院

毎週・・・・病院!

今週も朝から病院へ・・・・・・


今度は正太!
朝から頭が痛いともうしていまして・・・・・・・・・・


もう3年前くらいから時々頭が痛いと訴えていました。
子供の偏頭痛は多いとは言いますが・・・・・・

偏頭痛でなかったら?

そう考えるとぞっとします。



で、

ここ最近・・・・・・・・

週に2~3回の頻度で頭がいたいと・・・・・・・・

時々学校で保健室。
または早退。

野球に行っても・・・頭が痛くて早退。


精神的なものだろう最初は思っていました。


わたしが忙しくて慌しく送り出したからでは?とか
ここの所忙しいから?

学校は楽しいし、友達とも楽しく過ごし、
野球も楽しく、野球の友達もできたと楽しんでいます。


家でも、基地だ!とか楽しく遊んでいる最中に急に痛いとか言い出すため・・・・

精神的なものではないのでは?


念には念を・・・・・


思い切って、
本日小児科へ行ってまいりました。


先生にいろいろ診てもらい。。。。
見た目上問題ないと思う・・・・・・

とのことでした。


最後に
「実は、気になるのが、以前階段をこの子を抱っこしていたらつまずいてしまい
 頭を打ってしまったのです。で、息子はそれから頭が痛いんだ!というので
 それも実は気になるんです・・・・・」

「その時は病院にいった?」

「いえ、元気も良く、吐いたりもなかったのでそれきりで・・・・」


「それを聞くと、ちょっと気になるね・・・・・念のため検査しようか?」


ということで
検査してもらうことになりました。


今日も、
国語を受けて・・・・体育だけサボって病院へ。


息子には
とりあえず頭が痛くても今日は頑張って行ってきてね・・・・・と送り届け



午後はとりあえず元気に帰ってきました。


来週も再来週も病院だ・・・・・・・・・


でも、今日は先週と違いスムーズで・・・・・・

ほっといたしました。




そして、
今度は午後は純!


水いぼ!

あまりに広がってきたので・・・・・

いつもお世話になっている池田先生に見ていただきました。

プールに入ってもいいよ!といってくださいました。ほっとしています。

で、水いぼの処置を教えていただき・・・・・・・

本来は通院してもらうところを
指導していただき・・・・・・・


相変わらず、とてもいい先生だな・・・・・・と。


で、帰り際、うちの患者さんにお会いして・・・・・・・・・
お互いびっくり。

元気そうで何よりでした。
[PR]
by 2006-r-n-b | 2007-06-27 22:42 | 病院